ビストロ君は今日も元気

大学生が書いてるブログ。料理系を中心に書いています

ライティングでの自分

こんばんは、駆け出しライターのテルルです。

まとめ記事の仕事も研修ノルマの3記事も無事に最後のチェック依頼に出しました。

今日中に担当の方にチェックして頂ければ晴れて研修合格なので一安心。

 

今回はライティング等での仕事で僕が思ったことを書いていこうと思います。

 

 

自分を安くしすぎない・高くしすぎないこと

僕は何度も書いた通り文章構成もまだ未熟でとてもプロライターさんたちのような仕事が出来る訳でもないし、知名度もない。

 

それでも分かる

『あ、この案件他と比べて単価が安すぎる』って

 

2000文字の記事を書くのに1記事200円とか時間の割にあってない条件はたまに見受けられます。ちなみに僕の記事の単価は1500文字700円ほど。

 

仕事をする上で様々な案件に挑戦するのは決して悪いことではないんだけど自分を卑下して余りにも安く売り出しすぎると痛い目を見ることもあると思う

 

反対に自分が企業側から案件を提示された時に自分を高く繕い過ぎるのも危険

自分よりもスキルが高く、手頃な価格を示すライターの方と候補が被れば当然採用されないし、高く見繕い過ぎれば案件の提示も来なくなるのは確実

 

単価だけで判断しないこと

ライティングの仕事の中には単価が高いものも非常に多く、単価が高いものは難しかったり専門知識を有するものも多いから注意。

 

自分みたいにライティングの力を付けながらお金を稼ごうとする人は報酬単価に目が息がち、そのまま何件も案件を請けおって自滅なんてことにならないように。

 

クラウドワークスで仕事をする場合には案件の承認率(仕事をこなすことでやり遂げる割合)のようなものも表記されるため仕事選びは慎重に行う必要もある。

 

お金は大事だけど自分は書く時にはちゃんと判断すべき。

 

まとめ

今回は仕事をする上でちょっと感じた注意点?みたいなことを挙げました。

お前もまだまだ未熟の癖に分かったような事書いてんじゃねぇ!!と思われるのは重々承知の上で書いてるのでご容赦を。

 

まだまだ未熟なライターですが最近は企業側からの案件の提示も少しずつ増えてきてるといった感じなのでこのまま仕事を行いながらライターとしても成長していけたらいいんだけどな〜。

 

九月のライティング目標なんかはまた次の機会のブログで書いていくつもり

終わり!明日で8月最後!!