ビストロ君は今日も元気

20代になった自分を改めて振り返り・考え・更新していくブログ

【悪質】大学生カンニング問題:実際の手口まで解剖

スポンサーリンク

 

今回はタイトル通りの愚痴っぽい内容ですがご容赦ください(笑)

 

 

大学生に多いカンニング

大学生にもなってカンニングをするのはどうかと思う

 

大学でもカンニングは当然悪質な『不正行為』です

 

同じ学科では期末テストの度に決まって数名はカンニングをする人間が出てくる

態々高い金と時間を大学に払ってカンニングするならその金で焼肉にでも行けばいいのに・・・

カンニングをする理由

  • 大学生のテストにおける比重が大きいこと
  • 単位を取れば『勝ち』の精神があること

義務教育から離れた場である大学、しかも『単位制』であることがカンニングする人間を生むのかなって思った

 

僕が考えたのは上2つの理由、カンニングの八割以上はこんなとこだろう

大学のテストにおける比重が大きい

テストは半期に1回、内容も詰まってるから難しいものも多い

 

当然履修科目が多ければ内容も難しいから勉強時間も必要とされる

時間に追われすぎて『カンニングすれば楽じゃないのか?』と思ったら最後、多分大学生のテスト殆どに不正を使い始めると思います

 

何度も言いますが当然カンニングは『不正行為』

 

それを分かった上でやるのだからカンニングは実質悪質な犯罪と同じ

『悪いこと』だと分かってやるのが1番悪質ですからね

 

当然やった本人は『ラッキー』程度にしか思っていないから罪悪感なんて皆無だとは思いますが

単位を取れば『勝ち』の精神

カンニングが起こるのは『単位制』故の弊害だと思う節もある

 

単位を取れれば勿論OK、ただし落とした場合は大半『再履修』となり来年やり直すことになる

 

結局の話、単位すら取れてしまえばその科目の事を全て忘れようが関係ないのだ

だから単位欲しさにカンニングする

 

最もカンニングをするなんて『浅い』としか言いようがない

いっそ落単して再履修で勉強し直す選択肢は無かったのだろうか?

カンニングがバレにくい理由

最もカンニングでバレる人は少なからずいるだろう

 

あのセンター試験ですらカンニングを試みて捕まる猛者が毎年いるのだから

 

カンニングがバレにくいという忌むべき点は以下の2つである

  • 現行犯でしか捕まえられない
  • 証拠の隠滅が容易

主にこの2つの利点?がカンニングを助長させている

現行犯でしか捕まえられない

カンニングは遡求が出来ない場合が多い

テストの教室に監視カメラでも付いていれば話は別だがまず無いだろう

 

例え誰かにカンニングがバレたとしても教授の追求に『NO』の返事を出しているだけで裁かれる事はまず無い

 

見逃したらほとんど奴らを捕まえることが出来ないのだ

証拠の隠滅が用意

カンニングペーパーを仮に使ったとしてもテスト後に捨てれば問題ない

ライターで燃やすなりトイレに流せばそれで証拠隠滅完了だ

 

事件でも同じ様に『証拠』がなければまず不利な立ち位置になる事はない

 

加現行犯以外で裁かれる事の殆どない上に証拠の隠滅まで容易、殆ど完全犯罪に近いと言っても過言ではない

実際のカンニングの手口

ここからは僕が人伝に聞いたカンニングの手口を紹介しておこうと思う

 

あくまで『犯行記録』として書くものなので真似はしない様に

ケース①:解答用紙のすり替え

多くの場合だがカンニングは集団で行われる事が多い

 

教授が巡回する隙を見て解答用紙を入れ替え答えを記入する

 

また多くの場合教授は生徒の顔と名前を一致させている事が少ないので解答を写したらそのまま提出という場合もある

 

これをする事で最初のすり替えさえ成功させてしまえば後は何食わぬ顔で提出できるという訳だ

ケース②:カンペの巡回

解答用紙のすり替えもあるがA4サイズのものを入れ替えるのは途中でバレたりなどとリスクが高くなる場合がある

 

そんな時に使われるのがカンニングペーパー、通称カンペである

 

カンペを読み終わった後に座席下から小さく折りたたみ前の席に渡したり、物を落とすフリをして渡すなどと様々な手口があるらしい

 

そんな時間あれば勉強に使えばいいのに・・・

カンニングは絶対にやめといた方がいい

当然のことではあるが手を染める輩がいるのもまた事実

 

カンニングは友人の信頼を失う場合もあるし、万が一バレたら大学により処置は異なれど同時期の単位を全て剥奪される

 

周りの信頼と自分の時間を掛けてまでする不正行為に一体何の価値があるのか僕には到底理解が出来ない

 

そこまでして単位が欲しい!と思う心があるなら勉強に注いで欲しい

 

結局は落単したら自分が悪いのだ、理由をつけてカンニングに手を染めるなど浅い、もう一度義務教育からやり直してもいいくらいだ