ビストロ君は今日も元気

20代になった自分を改めて振り返り・考え・更新していくブログ

ニコニコ動画は本当に終わりなのか?現状から叩かれる理由までを解剖してみる

スポンサーリンク

 

※この記事は完全に一個人の視点から考えたものです。至らない表現や一部誤りがある可能性もあるのであくまで一意見としてご覧下さい

 

最近Twitterなどといった『ニコニコ動画は終わり』というのを頻繁に目にするようになりました

 

僕も昔からニコニコ動画を使用する事もあったし今もゲーム関連生放送ではお世話になる事が多い

『グラブル』も生放送ではニコニコを使ってるんだよな〜

今回はニコニコ動画が『終わり』と評判されている理由、このように言われた経緯を含めた僕の考えを紹介していきます!

 

 ニコニコ動画の運営状況

f:id:dream0809:20180330235323p:plain

ニコニコ動画はドワンゴ社が運営しており『日本最大級の動画サービス』という内容を挙げています

 

動画にコメントを付けたり、数々のアニメやアプリ関係では『ニコニコ生放送』というサービスを用いているのが有名なところ

大手のアプリの生放送にはよく使われるよね!

しかし、上のグラフからも分かるように2015年を境にニコニコ動画の業績は落ち込んでいることが分かる

ユーザーが徐々に落ちてきた原因は・・・?

『ニコニコ動画』運営に問題がある?

f:id:dream0809:20181014155205j:plain

ニコニコ動画では動画コンテンツを提供するのは『配信者』と呼ばれる人

 

このコンテンツを提供する配信者がニコニコ動画に見切りをつけ始めた出した事が『ニコニコ動画は終わり』と言われる大きな原因の一つ

 

主な理由は以下のものになる

配信者が語るニコニコ動画でのトラブル

・UPした動画ファイルの予期せぬ破損

・トラブルが起きた場合の対処が遅い

確かに配信者にとって動画ファイルの破損は致命的だし、起きた場合でも対処が遅いとなれば見切りをつけられても無理はない

『ニコニコ動画』は快適な場所を提供出来なかった

f:id:dream0809:20181014144648j:plain

動画配信者なら誰しもが『再生数』にある程度の重きは置くであろう

 

配信をする以上多くのユーザーに見てもらいたいという思いがあるのは確実であり配信者は数多の動画サイトから自分の『快適な場所』を見つけるのだ

 

今回は『配信者はより良いコンテンツを提供する』『運営側は配信者・視聴者ともに快適な環境を作り出す』という関係が崩れつつある

 

これも『ニコニコ動画は終わり』と言われている理由

 

配信者はコンテンツを提供するため当然『快適な場所』を求める

運営側が配信者を蔑ろにすれば離れるのも当然なこと

他の大手動画サイトとニコニコ動画を比較する

別の視点から考えると他の動画サイトにニコニコ動画が力負けしてきたのでは無いかと考える

ここからは有名な動画サイトとニコニコ動画を簡単に比較していくことで違った視点から考えていきたいと思う

YouTubeと比較してみたとき

YouTubeでは同コンテンツを持つ配信者とも繋がりやすく、視聴者を集めるのにも向いている。また運営は世界レベルのため申し分無いということから力負けは否めない

 

世界レベルのサイトと比較するのはアンフェアだと思われるが前述した通り『快適な場所』という面においてはYouTubeはトップクラスであり、ニコニコ動画からYouTubeをメイン活動場所にした配信者も少なく無い

av.watch.impress.co.jp

近年にはYouTubeは持つ生放送機能『YouTubeライブ』も改良されたことからYouTubeで活動をする配信者が増えている

運営レベルの差が人気を減少させている

こうした運営レベルで差が開いたこともニコニコ動画で配信者やユーザー離れが年々増えていく原因の1つ

 

やはり運営のレベルが配信者や視聴者を惹きつける原動力になっているのは間違いない

有名配信者がニコニコ動画に愛想を尽かしている

現在ニコニコ動画、YouTubeなどで配信活動を行なっている人気配信者の『もこう氏』もニコニコ動画について厳しい批判を述べています

youtu.be

ニコニコ動画側の不備で本来配信するべき動画ファイルが破損、更に破損したファイルはニコニコ動画側で修復するこことが出来ないとの通達が来たらしい

 

もこう氏はこの点から『これから配信を行う配信者はニコニコ動画ではやらない方がいい』と言う発言もありニコニコ動画から自分も徐々にフェードアウトしていくのではないかという厳しい意見を伝える部分もありました

ニコニコ動画のいいところ

この記事では『ニコニコは悪!絶対反対!』という記事では無いのでニコニコ動画の利点も紹介していきます

ニコニコ動画のいいところ

・コアなネット文化が集まりやすい

・横流しの独自のコメントシステム

・ネット文化を知らなくても見れる生放送サービス

・検索システムは割と優秀

YouTubeなどとは違いマイナーなネタ等も集まりやすく、画面に横流しされる独自のコメントサービスもニコニコ動画の利点ですね

 

ネット文化の中心地とも言えるとこなのでハマればハマるだけ楽しめるのはニコニコ動画の利点です

 

また配信者がタグを設置するので検索タグから編集済みの動画を一度に見ることも出来たり、オススメ順、再生回数順というように特定の検索については大きな強みを持っています

まとめ:ニコニコ動画に関する見解

f:id:dream0809:20181014155807j:plain

ここまでのことをまとめてみると以下の通りになる

ニコニコ動画が抱える現状

・運営レベルでの他大手と力負け

・大手配信者が手を引きつつある現状

・配信者の減少による利用ユーザーの低下

・ニコニコ超会議や生放送は未だ盛況

 現状では以上の問題から『配信者が居ないからユーザーが他サイトに移動する』といった連鎖的な問題に悩まされています

 

しかしながら『ニコニコ生放送』や『ニコニコ超会議』などのイベントは毎年盛り上がりを見せています

 

また多くのアプリ会社が『ニコニコ生放送』を積極的に利用していることからニコニコ動画がすぐに消えることは無いと考えられます

 

個人的にはYouTubeのライブ機能が改良されて、大手がニコニコ動画(主に生放送)を使わなくなり始めたら終わり目かなと考えています

 

個人単位の配信者よりニコニコ動画は大手に支えられている印象ですね

 

とはいえ頻繁に大手が生放送をする事はなく、基本的には個人での利用が多いので対策は急務ですね

 

僕が数年前からニコニコ動画にはお世話になっているので頑張って頂きたい

  

2018年10月14日に加筆修正